■健康経営

 

【健康経営宣言】

西本Wismettacグループは、創業以来『世界の食を日本へ、日本の食を世界へ』の理念のもと100年以上の歴史を積み重ね、食の分野において商品、商物流機能、人財の3つの軸でグローバルに土台を築いて参りました。今後は、食とヘルスケア領域の融合によるワンストップソリューションなど、世界の人々のWell-Beingに貢献していく企業グループとして、さらなる成長を目指して参ります。

 

人々のWell-Beingに貢献していく組織であり続けるためには、当社の社員ひとりひとりが健康的な生活に関する意識を高く持つことが必要であり、また社員が能力を十分に発揮し事業が持続的に成長するためには、ここで働く社員自身が心身ともに健康であることが不可欠であると考えます。

 

当社は、社員の健康を重要な経営資源の一つと捉え、社員の健康維持・増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりの推進により、豊かで健康な社会に貢献する会社を目指すことを宣言します。

 

西本Wismettacホールディングス株式会社
代表取締役会長兼社長 CEO 洲崎 良朗

 

【健康経営の体制】

健康経営の実施のため、代表取締役社長を健康経営責任者とし、人事担当役員を推進責任者とする健康経営推進チームを組織します。健康経営推進チームは、保険者・産業医・衛生委員会・関連部門等と連携し健康経営計画を立て施策を推進し、健康管理の実施状況について、定期的に経営会議に報告します。


 

【健康経営優良法人2021 認定】

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人として、2021年3月4日、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人認定制度」における「健康経営優良法人 2021」(大規模法人部門)に認定されました。